パーマとカラーを一緒にやった方が良い場合とやらない方が良い場合についての個人的見解!

こんにちは!

僕はサッカーに様々な形で携わり、また人生のライフプランに重要なファイナンシャルプランニングに取り組み、メインワークでは髪の質感づくりに拘るヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

こちらが→僕のプロフィールですので是非ご覧下さいm(_ _)m

お休みのお知らせ

【3月】
13日(火)、20日(火)、27日(火)、30日(金)

です。

よろしくお願い致します。

ヘアケア通信です。

今回はパーマスタイルのご紹介と合わせて。

パーマとカラーをされてる方も多いんですが、【一緒にやってもいいのか?問題】はかなり聞かれます。

パーマ液の成分とカラー剤の成分の結合によるダメージがあるので、出来れば避けた方が良いです。

だけど、髪の中で起こっている細かい事を踏まえても、トリートメントなどのヘアケアによって総合的なお仕上がりに然程の支障がないなら有りという考えです。

時間的にその日しか無い!という場合もあると思いますが、両方やった時に良くない風にしか持っていく自信がなければお断りします。

これは美容師さんによって見解が分かれると思いますが、僕はこんな感じです。

そして今回は両方やるか?というご相談は特になく、逆に時間的に両方は厳しいという事がありパーマとヘアケアをさせていただきました。

before→afterがこちらです↓

今回は復元ケアとトリートメントでメンテナンスしながらのパーマです。

高めの位置から動きが出て毛先がハネるような動きを出し、その質感が潤うように。

ダメージを考えるとお日にちを開けた方がいいので、パーマとカラーの施術日を元々分けたい方に一緒にやりましょうとはほとんどないと思います。

スケジュールで調整が効かなそうだったり、デザイン的にも圧倒的に今やった方がいい場合は別かもしれません。

例えば明日大事なデートがあるとか!

明日卒業式とか!

そういった人生におけるイベントや勝負事もとても重要なので、時にはリスクを負ってでもデザインに拘る事を提案する事もあります。

是非ご相談いただければと思います。

でもやっぱり早くカラー入れたいです!

という事でその日を待ちわびでます。

ではまた

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

カレンダー