雪と髪の相性は⁉︎酸性雪や雪焼けへの影響有り!

こんにちは!

僕はバイブルとも言えるサッカーにいろんな形で携わり、また人生のライフプランづくりであるファイナンシャルプランニングに取り組み、メインワークでは髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

こちらが→僕のプロフィールですので是非ご覧下さいm(_ _)m

お休みのお知らせ

【1月】
23日(火)、27日(土)、28日(日)、29日(月)、30日(火)

です。

よろしくお願い致しますm(_ _)m

ヘアケア通信です^ ^

関東地方雪模様ですね。。

皆様くれぐれもお足元、交通機関の乱れにご注意下さい(>_<)

今回はせっかくなので雪と髪についてです。

雪って髪にいいの?悪いの?

乾燥する時期だから保湿されるような、濡れっぱなしだと痛むような...

調べてみたところ諸説ありましたが、『痛む』可能性が高いようです。

酸性雪

雪は酸性雨と同じように酸性の雪の場合もあり、髪は弱酸性なので酸性が強いとあまり良くないです。

それと、雨と違って空にいる滞空時間が長いので空気中のチリやほこりが付きやすいとも言われています。

これらが雪を酸性雪にしやすくもあり結果的に髪のダメージに繋がる要素でもあります。

雪焼け

積もった雪は陽射しを反射させます。

スキー場を考えるとイメージしやすいかと思いますが、ゴーグル焼けしてる方もいますよね。

日光を反射させるので【紫外線】を受けますので、夏の日差しを浴びる感じです。

だから紫外線ダメージを受けて痛みやすくなります。

対策は!?

ニット帽やUVカットのスプレーなどで紫外線や雪自体から守るのも1つですし、雪で濡れたら早めに拭くようにして下さい!

単純ですが、守る事と拭き取る事かなと思います。

ご参考いただければ幸いです^ ^

それでは重ね重ねですが、雪道や交通機関の不具合にはお気を付けてお過ごし下さいm(_ _)m

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

カレンダー