ヘアケア美容師だけどメンズスタイルは質感より【形】重視してます!そして頭皮ケアは必須です!

ヘアケア美容師だけどメンズスタイルは質感より【形】重視してます!そして頭皮ケアは必須です!

こんにちは!

僕はサッカー好きでいろんな形でサッカーに携わり、はたまたいろんな方の人生のライフプランに興味があり、メインワークでは髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さいm(_ _)m

10月のお休みは

8日(日)、9日(月)、10日(火)、

17日(火)、19日(木)、

24日(火)、28日(土)、31日(火)

です。

よろしくお願い致しますm(_ _)m

今回はメンズパーマスタイルのご紹介です。

僕はヘアケア美容師として【髪を綺麗にする事】を自分の仕事の大きな基軸の一つにしています。

全てのお客様の髪を綺麗に質感良くしたいと心から思っているんですが、男性のパーマスタイルについては【形】に比重を置いてる所もあります。

例えば僕自身の髪質はど直毛でしてサラサラ過ぎるために、【やりにくい】と感じる部分もあります。

『多少痛んでる方がセットしやすいし、持つから痛んでゴワゴワしてる方がいいな』

なんて思ってる時もありました。

アラフォーの今は自分の特徴を踏まえると、おっさんでツヤがないのもどうもな…という思考から、

『綺麗に動かしたい』

という感じです。

すいません、僕の話はどーでもいーです(^_^;)

男性のパーマスタイルは質感も大事ですが、個人的には形、シルエットカールのディテールなどの比重が大きいです。

という訳でパーマスタイルをご紹介させていただきます。


セクシーにワイルドに。

アソビのあるビジネスパーソンとして。

メンズパーマスタイルもご参考下さい^ ^

そして、男性のヘアケアとしては頭皮ケアをメインに考える事がほとんどです。

今の髪も大事ですが、これから生えてくる髪の為の頭皮ケアを。

頭皮づくりのキモで大きくサポートしてくれるのがホームケアですが、今ホームケアキャンペーンもやってますので、よろしければこちらのホームケアキャンペーンの記事もチェックしてみて下さいm(_ _)m

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

【秋に抜け毛が増える3つの理由】と【秋にできる2つの対策】

【秋に抜け毛が増える3つの理由】と【秋にできる2つの対策】

こんにちは!サッカーが好きでプレイや観戦や運営などもしながら、髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さいm(_ _)m

9月のお休みは

5日(火)、12日(火)、14日(木)、19日(火)、

23日(土)、26日(火)、30日(土)です。

よろしくお願い致しますm(_ _)m

暦的には夏も終わりが近づいていますね。

秋の到来も近い気がしますが、最近の気候は読めないので何とも言えないですね(^_^;)

季節の変わり目は抜け毛が増える。

といった事を聞いた事がある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

お客様からもかなりご質問をいただく案件です。

ヘアケア美容師の僕としての見解は、

それあります!

です。そして、

特に秋は抜け毛が増える!

という事も1つの見解として言えます。

なので今回は、【秋に抜け毛が増える3つの理由】と【秋にできる2つの対策】をお伝えします。

秋に抜け毛が増えるのは【夏】が大きく影響しています。

『夏のせい!』と言っても過言ではありません。

夏の頭皮への悪影響をざっくりですが3つ上げます。

  1. 紫外線
  2. 気温(差)
  3. 食べ物(飲み物)

です。それではまず、

1.紫外線

ご存知の方も多いと思いますが、春から夏にかけて紫外線量がかなり増えます。

紫外線ダメージが溜まりに溜まった季節が秋です。

活性酸素が溜まりやすく乾燥肌に寄っていきます。

地肌の水分や油分が失われると新陳代謝にも悪影響を及ぼし、髪を作るのは地肌なので結果的に髪も細くなったりパサついたりします。

また、痒みやフケが出ることにも繋がるので、UVスプレーや日傘や帽子などで紫外線には気をつけましょう。

2.気温(差)


言うまでもなく『暑い』ですよね!

汗をかいて蒸れやすいです。

だけど室内は!?

クーラーガンガンなとこ多くないですか?

クールビズというのもありますが、民間企業の商業施設ならばお客さんの事とかを考えてキンキンに冷やしてるとこも多いと思います。

これはまた乾燥や血行不良を引き起こす原因の1つです。

そしてこの急激な『気温差』が新陳代謝にも悪影響を与える1つです。

3.食べ物(飲み物)

僕だけじゃないと信じてますが、夏はやたらとビールが飲みたくなります。

夏の暑い最中に飲むキンキンに冷えたビール。

最高の産物です(>_<)

他にもアイスクリームやかき氷なども一般的には食べる機会が増えると思います。

こういった物ばかりだと栄養が取りにくいですよね。

でも夏バテでもすると食欲が無くなって喉を通りやすいものばかり食べがちです。

特にそういう事になかなか注意を受けない『大人』ですね(>_<)

書いてて耳が痛いです(^_^;)

食べ物で栄養を取れないと頭皮だけではなく肌にも良くないし髪にも良くありません。

食べ物、飲み物は注意しましょう。

【秋にできる2つの対策】

今回は予防はなんとなくお分かりになるかなと思いますので、そうなってしまった秋にできる事を!

1.ヘッドスパ

いろんな美容室でメニュー化されていると思います。

保湿効果があったり、汚れを取ってくれたり、マッサージで血行促進してくれたり…

効果効能は各いろいろあると思いますが、頭皮に良い影響を与える事は言うまでもないと思います。

ただし、ヘッドスパの効果としてはそれぞれ特徴があり、もしかしたら合わない場合もあるかもしれないので担当の美容師さんにしっかりご相談された方が良いと思います。

2.シャンプーや頭皮用トリートメントなどのホームケア

毎日シャンプーされる方も多いと思いますが、毎日使われるシャンプーをビタッと頭皮に合うものにすると影響は大きいです。

トリートメントも頭皮用のトリートメントでこちらもビタッと合うものであれば効果大です。

あとは育毛剤や美容液もお肌と同じように考えていただければ、頭皮ケアとして大事なのはお分かりいただけるかと思います。

いずれも頭皮に合ってないと逆効果にもなりかねませんので、担当の美容師さんにしっかりとご相談される事をお勧めします。

頭皮はご自身ではなかなか見れませんが、美容師さんはご来店都度見る事ができます。

ご相談されれば特に気にしてご覧になるでしょうから本当に些細なことでも伝えた方が良いと思います。

以上が【秋に抜け毛が増える理由】と【秋にできる対策】でした。

是非ご参考下さいm(_ _)m

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

夏の頭皮の特徴とは⁉︎秋の抜け毛対策は夏の頭皮が大事!

こんにちは!サッカーが好きでプレイや観戦や運営などもしながら、髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さいm(_ _)m

8月のお休みはこちらですm(_ _)m

15日(火)、

18日(金)〜24日(木)、29日(火)

今日は山の日。

そして今日から長期のお休みに入られる方が多いんじゃないでしょうか?

『10連休だよ!』

と言う方も結構多いので何よりです^ ^

いっぱい休んで、自分の好きに時間を使えることはめっちゃ大事だと思うので、みんな休みが増えればいいですね。

僕は来週の18日金曜から1週間お休みなのでそれまでで、

『盆休みだけどひま〜』

と言う方は是非お待ちしております^ ^

今回は8月も中盤にかかってきたので、【頭皮】について少し書きたいと思います。



まずは頭皮の特徴の一部を。

  • 汗をかく。
  • 油分(皮脂)がある。
  • 垢(フケ)が出る。

などがあります。

汗は体温を調節する働きもあるので、夏に汗をかくのは当然だし正常な働きです。



逆に、このクソ暑い中外にいて汗をかかない方がちょっと調子を崩してるかもしれません(>_<)

油分(皮脂)も紫外線から頭皮を守ったり、水分保持に繋がりそれが更に血行促進に繋がったりもしますので、正常な頭皮には必要です。

ただし、少ないのはもちろんですが多過ぎても代謝を悪くしたり雑菌が繁殖しやすかったりするので適度な皮脂量が良いですね(^_^;)

垢(フケ)は新陳代謝の結果ですのでこちらもあって然るべきです。

ただ、正常な垢(フケ)は目に見えないレベルなので、見える垢(フケ)くらい大きいものがあると乾燥し過ぎていたり、油分が多過ぎてる場合もあります。

そして今は【夏】です。

【汗】も皮脂量も増えるのが夏です。

汗をほっておくと紫外線と反応して酸化促進になり【臭い】の原因にもなります。

【皮脂】は溜まってしまうとこれまた紫外線を浴びて酸化して毛穴に詰まってしまうケースもあります。

そうなると、頭皮の代謝を悪くして血行不良になり髪が細くなったり抜け毛が増える事にも繋がります。

【垢(フケ)】は汗や皮脂の悪影響で過剰に出たりします。

フケが出る事自体は良いのですが、その出方で頭皮の状態を把握して対処した方がいいです。

正常な状態は見えないレベルのフケなのと、やっぱりフケがいっぱいあったら嫌ですからいち早く正常に戻したいところです。

そしてこれらの夏の影響は秋に抜け毛としても出てきます。



年間で秋の抜け毛が1番多いと言う統計も出ていますが、これは夏のこういった影響の積み重ねで秋に出るというのが1つあります。

解決策は?

解決策は頭皮の状態によっても違うので一概には言えませんが、気になったらまずは担当の美容師さんにご相談されると良いと思います。

例としては、

シャンプー、トリートメント剤の見直し。育毛剤、頭皮用美容液などの使用。ヘッドスパなどのサロンでの頭皮ケア。


などがありますが、その特長や効果や合う肌質もそれぞれなのでご相談される事をお勧めします。

という事で夏の頭皮に起こりえる事を知っとくだけでも違うかなと思うのでご紹介でした^ ^

それでは夏休みの方は素敵なお休みをお過ごし下さい!

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

夏に引き起こされる髪と頭皮への影響とは⁉︎その3つの原因と対策まとめ!

夏に引き起こされる髪と頭皮への影響とは⁉︎その3つの原因と対策まとめ!

こんにちは!サッカー好きで髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さいm(_ _)m

前回のエントリーで、

年間お悩みNO.1の【パサつき】。同じお悩みでも原因は季節によっても違うんです!

という、季節によって違うパサつきの原因について書きました。

今回は【夏】に絞って深掘りし、パサつきに限らない髪への影響に対する【原因と対策】をまとめます。


前回のエントリーでは、かなり簡単に掻い摘んでのご紹介でしたが、今回は季節を絞って詳しくお伝えします。

ちなみに前回の夏ダメージの原因は、

①湿度が高く汗もかきやすいので、くせ毛の方はうねりやすくなります。

②紫外線ダメージでざらつきにもなりやすいです。


という事でした。

ここに、

③頭皮への影響

を加えて今回はお伝えしていきます。

まずは、

なぜ湿度が高く汗をかきやすいとうねりやすいのか?

これは髪自体の遺伝による毛穴や毛根のゆがみとは別に考えます。

今回は、水分を吸収しやすいタンパク質水分を吸収しにくいタンパク質ダメージ

という部分での所見になります。

髪には、【水分を吸収しやすいタンパク質】と【吸収しにくいタンパク質】が存在します。

とその前に!そもそも髪の80%くらいはタンパク質でできています。

だから、そのタンパク質の種類というか質は大きな影響があります。

水分を吸収すると髪は膨張しうねります。

だから、水分を吸収しやすいタンパク質と水分を吸収しにくいタンパク質の割合が50:50だとバランスが保たれてうねりにくく、どちらかに偏り出した時にうねりやすい髪質になっていくと言われています。

ダメージによる原因

ダメージが大きいと髪の中の栄養成分や水分が抜けて空洞があるような状態になります。

極端なダメージで言うと“髪の中がスカスカ”な感じです。

ここに水分が入るので髪が膨張してくせ毛の方は特にうねりになりやすいです。

ここで、なぜ湿度が高く汗をかきやすいとうねりやすいのか?に戻ります。

タンパク質の種類やダメージで水分を吸収しやすくなるとうねるんですが、湿度が高いと湿気で水分を吸収しやすい+汗をかくので汗を吸収すると言う事です。

【対策】

根本的なくせ毛対策とダメージ対策になります。

ホームケア、サロンケアで髪のダメージに合わせたケアを!

ストレートやパーマなどのデザインケアも有効です。

そして、【水分】については、うねりとは別にもう1つ考えなければいけないことが次になります。

②紫外線ダメージでざらつきにもなりやすい。

ざらつきをパサつきと感じる方もいらっしゃると思います。

ここ近年で【日光浴】という言葉が崩壊した印象を僕は受けています。


僕は今だに日焼け好きですが、世間的には完全に悪者扱いで、日焼け止めは必需品です。

そしてもちろん髪にも同じ事が言えます。

7〜8月は紫外線量が高くて、特にキューティクルを傷ませるUV-Bというのが、多くなり出す3〜4月と比べても倍くらいになります。

そして、湿度が高い環境は活性酸素を大量に発生させキューティクルが酸化されます。

結果、キューティクルが損傷したり浮いたりしてしまい、間からメラニンや水分やトリートメント成分なども流出してしまいます。

これがざらつきやパサつきや退色の原因です!

【対策】

キューティクルを整えたり保護しましょう。

皮膜効果のある油分系トリートメントでケア。

UVケアスプレーをこまめにかけてバリア。


といった対策が効果的です。

とにかく紫外線への意識は大事です。

③頭皮への影響

髪への影響と同じ要素もあります。

紫外線と水分が反応すると活性酸素が発生し、頭皮や皮脂を酸化させます。

地肌の表面において皮脂の酸化は過酸化脂質になりニオイの元にもなります。

更に、活性酸素が大量発生すると地肌が弱ってしまい、これから生えてくる髪がエイジングして強度や、艶のない髪になってしまいます。

【対策】

頭皮(地肌)には、

《紫外線+湿気=活性酸素の大量発生》

という図式があるので地肌のケアが必要です。

抗酸化力の高い地肌にする為に、相応の頭皮用シャンプーやトリートメントを使ったりやヘッドスパなどでケアしましょう。

こまめに汗などは拭く事も物理的な対策の1つです。

以上が、

"夏に引き起こされる髪への影響とその原因と対策"

でした^ ^

皆さん髪や頭皮を大事に【夏】を楽しみましょう!

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

男性に多い2つの質問!『トリートメントとリンスって違うの?』『トリートメントって俺もやった方がいいの?』にヘアケア美容師が答えます!

男性に多い2つの質問!『トリートメントとリンスって違うの?』『トリートメントって俺もやった方がいいの?』にヘアケア美容師が答えます!

こんにちは!サッカー好きで髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さいm(_ _)m

海の日!三連休最終日ももう終わりですね(>_<)

東京は何とも蒸し暑いです(^_^;)

まだ梅雨明けてないですが、海の日を迎えたとなるともうこのまま夏ですかね(>_<)

最近暑いせいもあってか、夏用のスースーするシャンプーと頭皮用トリートメントが、キャンペーンでボディソープをプレゼントしちゃってるのもあってめちゃめちゃ売れてます^ ^


男性のお客様には本当大人気です!

お風呂上がりにスースーしたいですもんね!

で、そこで“特に男性のお客様”にめちゃめちゃ聞かれる事があります。

『トリートメントとリンスって違うの?』
『トリートメントって俺もやった方がいいの?』

この2つが女性もですが男性に凄く聞かれるので、今回はこちらで僕の見解を述べますね^ ^

1.トリートメントとリンスとコンディショナーの違い

基本的には【リンスとコンディショナー】と【トリートメント】に分かれます。

リンスとコンディショナー

先ず【リンスとコンディショナー】はほぼ同じ理論ですが、コーティングして髪の表面を保護します。

髪の表面はキューティクルという魚の鱗のような物がありますが、キューティクルを油分などで包み込むので指通りが良くなったりUVケアになったりします。

コンディショナーの方がリンスよりも吸着力が高かったり、保湿効果が高く、そう位置付けされているケースが多いです。

だからリンスよりコンディショナーの方が少し効果が高いけど表面保護という理論は同じです。

つまり、【表面を保護】するのがリンスとコンディショナーです。

トリートメント

トリートメントはリンスとコンディショナーと同様の表面保護の効果もあります。

1番の違いは、髪の内部に入ってタンパク質や水分などで内部補修、内部を補修成分で埋め込むような働きがある事、つまり内部浸透がある事です。

なので【表面保護+内部補修】をできるのがトリートメントになります。

まとめ1

【リンス・コンディショナーの働き】

表面保護、コーティング効果

【トリートメントの働き】

内部補修+表面保護、コーティング

【ダメージ毛に対するケア効果の大きさ】

リンス<コンディショナー<トリートメント

という感じです^ ^

2.トリートメントってショートや男性もやった方がいいのか?

こちらに関してはダメージを感じる感覚やダメージを不快と思うか?の感覚の個人差があるので一概には言えません。

ただ、今回僕がお伝えしてるトリートメントというのは【頭皮ケアメイン】なトリートメントです。

頭皮を保湿したり柔軟させたりと効果はその商品によってまちまちですが、

頭皮メインであるか?

というのがポイントになります。

ベリーショートだろうが丸坊主だろうが、これから生えてくる髪を大事にしたいなら頭皮ケアすべき

と考えています。

ざっくり言うと頭皮で髪はつくられているので、頭皮は大事です。

畑で言うと“土”みたいなもんです。

カピカピでカラカラでカチカチの土に作物を育てるのは至難ですよね(>_<)

そんな感じです。

まとめ2

今回は【頭皮用トリートメント】という事で、これから生えてくる髪を大事にしたい方は髪の長さに関わらず是非ともオススメです!

以上、

『トリートメントとリンスって違うの?』
『トリートメントって俺もやった方がいいの?(男性ショート層メイン)』

に対して、ヘアケア美容師がお答えさせていただきました^ ^

明日はお休みをいただいておりますのでよろしくお願い致しますm(_ _)m

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

夏真っ盛りの頭皮の臭いは大丈夫⁉︎ヘアケア美容師の【頭皮の臭い】を抑えるHowTo5!!

夏真っ盛りの頭皮の臭いは大丈夫⁉︎ヘアケア美容師の【頭皮の臭い】を抑えるHowTo5!!

こんにちは!サッカー好きで髪の質感づくりに拘っているヘアケア美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さいm(_ _)m

暑い日が続きますね。

汗かきますね。

先日、夏!!汗!臭い!!…そんな悩みを持つ40歳美容師が分析!4つの原因と対策!という記事を書きましたが、お客様にも更にご質問をいただいたりしました。

ありがとうございますm(_ _)m

それも踏まえて今回は、

【頭皮】の臭いを抑えるHowTo5

という【頭皮】に絞って書かせていただきます^ ^

1.シャンプーの前はしっかり濡らす。


結構おざなりな方が多いようです。と、かく言う僕も昔は甘々でした(^_^;)

汚れ、余分な皮脂をしっかりと落とす為に指の腹で軽くこすりながらしっっかりと濡らして下さい。

それだけで7割くらいの汚れやスタイリング剤は落ちると言われています。1分30秒くらいを目安にして下さい。

2.シャンプー剤は適量を使う、または流し残しがないようにしっかり流す

これはシャンプーだけではなくトリートメントもですが、必要以上に量を使うと、なかなか流しきれてなかったりします。

または、流しそのものが甘いとやっぱりシャンプーやトリートメントが頭皮や毛穴に残ってしまう事もあります。

3.お風呂上がりは早めにしっかり乾かす

濡れたままの状態は、頭皮で雑菌が繁殖しやすいので早めにしっかり乾かす事も大事です。

今回は余談ですが、髪の毛においてもキューティクルが開いた状態でトリートメント成分が抜け出やすいし、痛みやすい状態なので髪にも良いです。

4.油っこい食べ物は取り過ぎないようにし、もし取るときはビタミンCを一緒に!


なんとなくイメージは湧くかもしれませんが油っこい物が多いと臭いになりやすいです。

ビタミンCは臭いを抑える効果があると言われてますので、ブロッコリーやピーマンなどビタミンCを多く含まれている物を一緒に取るように意識してみて下さい!

5.緑茶、烏龍茶、甜茶などで湿らせたコットンやガーゼで軽く頭皮を拭く。

僕自身はやろうやろうと思ってまだやってませんが、凄く効果があるそうです。

余ったら単純に飲んで水分補給というのも、代謝が上がるので効果的です^ ^

以上、

ヘアケア美容師が贈る頭皮の臭いを抑えるHow To5でした!

それでは夏もより良い頭皮でお過ごし下さいm(_ _)m

ではまた^ ^

facebook

Instagram

twitter

電話予約: 0333055212

INDEXホームページ

30代以上の女性に多いお悩み『抜け毛が気になる!』と『トップのボリュームがなくなってきた!』についての原因と対策!

30代以上の女性に多いお悩み『抜け毛が気になる!』と『トップのボリュームがなくなってきた!』についての原因と対策!

こんにちは!サッカー好きで髪の質感づくりに拘っている美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さい^ ^

本日はお休みをいただいておりますm(_ _)m

今日は移動時間を入れて5時間くらいをセミナーで自分に投資です^ ^

めちゃ楽しみにしていたセミナーなので、時間をくれた家族に感謝しつつ自分に注入です!

さて今回は、最近女性のお客様からいただく1つのお悩みについて対策を含めてご紹介させていただきます^ ^

そのお悩みとは30代以降の女性からよ〜くお聞きします。

『最近抜け毛が気になる!』

『トップのボリュームがなくなってきた!』

というお悩み。非常に多くお聞きします。

これは、

  1. 抜け毛が生えてくる髪より多くなり薄毛化している
  2. 髪が細くなっている
  3. 髪の密度が減り強度が弱くなっている

という事の単体の原因もしくは組み合わせの両方が考えられます。

年齢と共に起きる自然現象とも言えますがそもそもなぜ⁉︎という原因をいくつか上げます。

  • 血行不良
  • ホルモンバランスの崩れ
  • 生活習慣の乱れ
  • 紫外線や過度のパーマやカラーによる頭皮の酸化や乾燥など
  • 疲れやストレス
  • 頭皮に合わないシャンプー剤やトリートメント剤の使用

    大きくはこういった要因が考えられます。

    1番最初に、【血行不良】とありますが、その他の原因によって【血行不良】になるという事も言えます。

    つまり、頭皮が血行不良になる事で髪に栄養が十分に行かず薄毛化や細毛化してしまう。

    という事が原因の道筋の1つです。

    ですので、原因に上げた事を解消する事で髪のボリュームは戻りもします。

    今はまだ必ずとは言えませんが、僕が担当させていただいているお客様ではかなり成果が出ているので対策をご紹介します。

    【ボリュームダウンや薄毛への対策】

    • 生活習慣の改善(睡眠、食事、お酒、タバコ、それらの量や時間帯など)
    • ストレス発散の場を作る、またはストレスを感じる時間以外の時間を肯定する(例えば、「ヤベー寝ちゃった!」ではなく、「よし!休養したぞ!」と思うなど)
    • 頭皮のサロンケア(ヘッドスパ、マッサージなど)
    • ホームケアの見直し(シャンプー、トリートメント、頭皮美容液、育毛剤など)

    大きくは以上があります。

    特にホームケアになるシャンプーやトリートメントなどは合ってるか合ってないかで頭皮の状態が激変する事もあります。

    サロンケアやホームケアは、世の中にめちゃくちゃな数があるし特長もまた様々なので、美容師さんにご相談されるのが手っ取り早いと思います。

    という事で今回は最近お客様からのご相談が多い『抜け毛が増えた!』『トップのボリュームがない!』についてでした。

    ちょっと分かりにくかったりもっと詳しく(また深掘り記事は書きます)知りたい方はメッセージなどいただけるとありがたいです(>_<)

    【髪をつくるのは頭皮】

    という事を頭に入れていただいて是非ご参考いただければと思います!

    それでは^ ^

    facebook

    Instagram

    twitter

    電話予約: 0333055212

    INDEXホームページ

    美容室現場でお客様の頭皮を触らせていただいて気になる事と改善方法。

    美容室現場でお客様の頭皮を触らせていただいて気になる事と改善方法。

    こんにちは!サッカー好きで髪の質感づくりに拘っている美容師、INDEXの柴田卓です^ ^

    僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さい^ ^

    今回は最近サロンワークでお客様の頭皮を触らせていただいていて気になることを。

    僕はカウンセリングか施術のどこかで、だいたい頭皮を触らせていただき頭皮の状態を確認させていただいてます。

    そこでほとんどの方に言えることなんですが、

    こってる。

    そうなんです、肩こりみたいな感じでこってる方めちゃめちゃ多いです。

    原因は疲れ、ストレス、生活習慣の乱れ、紫外線など色々考えられますが、まぁ多いです(^_^;)

    皆さんご苦労があるんだと思います(>_<)

    場所としては、

    • おでこ辺りから頭頂部にかけて
    • 耳の上の部分

    です。

    おでこ辺りから頭頂部にかけて

    ここは疲れやストレスや食生活などは原因として挙げられます。

    その原因を改善するのはちょっと難しいかもしれませんね(^_^;)

    でも知ってるだけでも気をつけられるので知らない良いかと思います^ ^

    耳の上の辺り

    ここは目の疲れからくることが多い部分です。

    スマホやパソコンをよく使う方や視力が悪い方に多いです。

    ちょっとした合間に、手をグーにして(↓こんな感じ)、痛すぎない程度にグリグリ回すと少し目もスッキリしますので心当たりのある方は是非お試し下さい。

    解決策は!

    • 根本原因の改善に気を付ける事
    • マッサージ
    • シャンプー、頭皮用トリートメント、美容液などのホームケア

    などがあります。

    頭皮をほぐす効果のあるシャンプーはうちでは特に人気ですが、シャンプーは大体すると思うので更に手を加える必要がないのでオススメです^ ^

    マッサージはご自分でももちろんいいし、ヘッドスパなどもオススメです!

    できるだけ皆様がストレスフリーな生活になればと思いますが、美容師として改善のアドバイスとしては以上のような感じです。

    頭皮の状態も人それぞれなので、気になる方はご相談いただければと思います^ ^

    以上最近のサロンワークでお客様の頭皮を触らせていただき気になる事と簡単な改善アドバイスでした。

    それでは素敵な日曜日をお過ごしください^ ^

    facebook

    Instagram

    twitter

    電話予約: 0333055212

    INDEXホームページ

    美容師ブログ見てもシャンプーどれがいいか分からな〜い!というお客様にお答えした手っ取り早いシャンプーの選び方!

    美容師ブログ見てもシャンプーどれがいいか分からな〜い!というお客様にお答えした手っ取り早いシャンプーの選び方!

    こんにちは!INDEXの食べる!動く!髪質に拘る!美容師がモットーの柴田卓です^ ^

    僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さい^ ^

    先日初めてご来店のお客様と美容師ブログの話になり、

    『シャンプーとか美容師さんのブログを見比べてもどれがいいか分からない!』

    という事をお聞きしました。

    なるほどーっと思いました。

    ちなみに市販のシャンプーは洗浄力が強い物が多かったり、美容室のシャンプーの方が効果を検証して導入してたりすると思うので、オススメする美容師さんあまりいないと思います。

    ただ美容師さんのブログを見比べるとそれぞれが良い所を紹介してるので【分からない】というのは頷けます。

    実は美容室で取り扱えるシャンプーも本当にめちゃくちゃ多いです。

    1つのサロンで全てわー取り扱うと、在庫を抱え過ぎてる事になり管理が大変だし経営に影響出ると思います。

    そこでいくつか試してみたり、シャンプーの特長や顧客の方の特長やサロンの特長に合わせて厳選してるサロンが多いんじゃないでしょうか。

    うちはそんな感じで厳選してますが、それでもお客様のご希望やお悩みに合わせられるように20種類くらいは有ります。


    そしてお客様の

    どれを使ったらいいか分からない!

    という点に関して僕なりの見解は、

    担当の美容師さんに聞く

    です。

    ネットが便利なのでネットで閲覧、検索も良いのですが美容室に行った時に担当の美容師さんに聞くのが一番良いと思います。

    だって髪や頭皮を見てるし触ってるし^ ^

    別に決まった美容師さんがいなくても、その日の担当の方で良いと思います。

    もしくは、行きつけの美容室があるならシャンプーだけ買いに行って選んでもらうのも多分有りだと思います。

    ウチはウェルカムです^ ^

    今回のお客様も初めて担当させていただきましたが、診断してアドバイスさせていただき僕が1番オススメだと思うのを使っていただく事になりました。

    聞いてしっくりこないなら「考えてみます〜」とか言って無理に買う事もないですし、先ずは聞いてみる。

    というのが良いと思った次第です^ ^

    ちなみに今回のお客様は頭皮のコリが気になり、お仕事でPC使いっぱなしという事で眼精疲労も頭皮に見受けられました。

    そこでグルコサミン配合で頭皮を柔らかくする効果のある↓こちらのシャンプーとトリートメントをオススメしました^ ^


    より良いヘアケアライフを送っていただけるよう今日も精進していきます!

    facebook

    Instagram

    twitter

    電話予約: 0333055212

    INDEXホームページ

    曇りでも⁉︎実は1番紫外線の影響を受けるのは髪!紫外線対策について^ ^

    曇りでも⁉︎実は1番紫外線の影響を受けるのは髪!紫外線対策について^ ^

    こんにちは!INDEXの食べ動く美容師がモットーの柴田卓です^ ^

    僕のプロフィールはこちらですので是非ご覧下さい^ ^

    ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

    東京は快晴とまではいかない天気ですがまぁ悪くはないですね^ ^

    この時期は【日焼け】を気にされてる方も多くいらっしゃると思います。

    紫外線はシミや乾燥などにもなりやすいので、是非気にした方が良いし、しっかりと対策されて下さい(>_<)

    そして皆さん肌対策はしっかりされてますが、【髪】や【頭皮】はあまりされてない方はまだまだ多いようです。

    実は1番紫外線を受けるのは【髪】。そして髪や頭皮には次のような影響が考えられます。

    • ヘアカラーの退色(色落ち)
    • 髪の乾燥によるパサつき
    • 頭皮の乾燥によるフケやかゆみ
    • 細毛化や髪強度の低下

    他にもありますがこういった影響は考えられます。

    そして、曇りの日でも紫外線はあります。

    快晴ならもちろんですが曇りでもあるし、薄曇りは雲からの散乱光で稀に快晴よりも紫外線が強くなる事もあるそうです。

    そんな紫外線から髪を守るにはUVケアのヘアスプレーは手軽でオススメです。


    『あ〜そういえば持ってる〜』

    という方は、あまり古いと変質してる可能性もあるので、匂いが変わってたりしたら変えた方が良いと思います。

    そして、割と外に出る機会が多い方は理想は持ち歩いて1日に2〜3度着けるとベストです。

    一日中外にいる方はもっとですが、そんなシチュエーションもあまりないですかね(^_^;)

    肌と同じように考えていただけたらと思います^ ^

    綺麗な髪を保つために、そんな髪対策も是非してみて下さい!

    ご相談があればお気軽にFBメッセージ下さい!

    それでは引き続きゴールデンウィークをお楽しみ下さい^ ^

    facebook

    Instagram

    twitter

    電話予約: 0333055212

    INDEXホームページ

    ツールバーへスキップ